(●-●)/ボーイング88・・・ロリポップ!




2009年度より新しい学習指導要領が改定? - 2014年度 全国高校入試ボーダーライン・難易度偏差値一覧表
トップページ | 全エントリー一覧 | RSS購読

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント

2009年度より新しい学習指導要領が改定?

新指導要領の中学校での、主要教科の1週間あたりの授業時間 

国語→中2のコマ数が3から4へ
社会→3年が4コマへ
数学→1年と3年が3→4コマへ
理科→2年、3年が4コマへ
外国語→全学年ともに3から4コマへ大幅増

主要科目は数学、英語で大幅ば増加のようで、
学力低下を受けての見直しとのことです。
一方、これまでのゆとり教育の象徴でもあった、
総合的な学習の時間や選択教科が削減されています。
とはいえトータルで増えるのは週1時間なのですが・・・・。

さて数学を例にとると、

1年 ・図形の移動(98年)
   ・投影図(98年)
   ・球の表面積と体積(98年)
2年 (特に変更なし)
3年 ・有理数、無理数(98年)
   ・二次方程式の解の公式(98年)
   ・相似な図形の面積比と体積比(98年)
   ・円周角の定理の逆(98年)
   ・標本調査(98年)

と、従来の詰め込み教育が見直された98年度の廃止分野の復活がいくつかあります。

2009年度からの予定といわれていますが、
これによりついていけなくなる生徒が増えてしまうと懸念の声もあるようです。
スポンサーサイト
トラックバック
トラックバック送信先 :
コメント
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。

ロリポップ!